2012年01月24日(火)

立正青年会・池上参拝紀〜本門寺・大堂にて蘇生結集法要 [お寺関係各団体活動]

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

大堂前に到着、期待が高まります!

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

第80世金子日威上人が揮毫した扁額


大坊へお参りの後、いよいよ本門寺・大堂に到着しました。

大堂には日蓮聖人がご入滅されてから7回忌の法要に合わせて造られたという日蓮大聖人御尊像が奉安されています。

このご尊像は聖人滅後間もない造立ということもあり、日蓮聖人のお顔、お姿に最も近いといわれており、国の重要文化財にも指定されています。

大堂はこれまで2度の焼失に遭っていて、最初の大堂は加藤清正が母の七回忌追善供養のため建立されたもの。また2代目の大堂は徳川8代将軍の吉宗の用材寄進によって再建されたものです。しかし、再び昭和の戦争による空襲により焼失。幸い日蓮聖人のご尊像は奇跡的に焼失をまぬがれ、昭和39年に現在の大堂が再建されました。

画像(240x160)

またとない機会にとても感動しました!(この画像は妙福寺様ブログより頂きました。)

立正青年会OBの妙林寺ご住職・小埜栄裕僧正導師のもと、脇導師にOBの佐和田上人、大野会長が務められ、会員20名が式衆を務め、厳粛な雰囲気で「蘇生結集法要」が営まれました。

法要では会員一同、仏祖三宝と青年会先師上人への報恩の読経と、今後ますますの精進(蘇生)を誓いました。

大学生の随身時代、当たり前のように修行させていただいた場所ですが、今思えば本当に不思議なご縁で有り難い経験だったと改めて思いました。初心を忘れず行学二道に精進していきたいです。

Posted by 住職 at 15時18分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

卒園式

卒園式

お会式準備

お会式準備

徳島・善学寺 法燈継承式に参列

徳島・善学寺 法燈継承式に参列

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog