2012年10月10日(水)

川施餓鬼法要旅行〜鳥取皆生方面、解脱寺参拝 [寺行事・法務]

画像(320x237)・拡大画像(448x332)

海岸で施餓鬼供養

秋恒例の川施餓鬼法要旅行に行ってきました。

毎年、中四国各地の海岸でお塔婆をお焚き上げし施餓鬼供養を行っています。(近隣、所有者のご理解了解を得て行っています。)

今年は鳥取の皆生温泉の海岸です。すがすがしい秋晴れに恵まれバス3台76名で行ってきました。

画像(320x237)・拡大画像(448x332)

日本海を望み施餓鬼法要。絶好の秋晴れに恵まれました。

燃え上がる炎を見つめながら、参加者一同にお経、お題目を唱え一心に回向を捧げます。

無事、施餓鬼法要終了後はホテルにて食べきれないほどの美味しい昼食をいただきました。その後、一路日南町の解脱寺様に向けてバスを走らせをました。

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

「ホテル天水」にて美味しいお料理をいただきました。

画像(180x133)・拡大画像(448x333)

いつもお世話になっている野村交通さん


画像(180x135)・拡大画像(448x336)

定番のお菓子の寿城〜たくさんお土産を買いました。

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

解脱寺様に到着


どこまでも続く山道を約1時間少々バスを走らせ解脱寺様に到着しました。山奥ですが民家も点在し、信号のない道路でしたのでスムーズに移動出来ました。

画像(320x237)・拡大画像(448x333)

モミの木の並木を抜け広大な境内。立派な風格ある大きな本堂

階段を上がり県指定の天然記念物に指定されたモミの木並木、そして山門を抜け広大な境内に出ました。足の悪い参加者は中型バスで上まで上がれました。

昨年お参りした徳島海洋町の法華寺同様、日蓮大聖人直作と言われる「一木三躰のお祖師様」が奉安されています。

御住職様の縁起の説明を受けお開帳法要が営まれました。

お焼香の際、間近にお祖師様の尊容を拝しましたが直作ということでやさしい温もりあるお顔をされたいました。開運の祖師とも言われているようです。

また2年前に完成したばかりの本堂天井に大きく描かれた巨大な龍の天井画が大変素晴らしく圧倒されました。本堂内は撮影禁止のためこの天井画の制作過程を紹介したブログがあります→クリック

解脱寺様には丁重にお迎えいただき感謝申し上げます。約1時間の滞在後、岡山に向けて帰路につきました。

秋晴れに恵まれ信仰と親睦を深め良い旅行となりました。ご参加の皆様お疲れさまでした。また、来年もご参加をお待ちしています。

Posted by 住職 at 22時42分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

10

2012


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

平成24年身延団参記@

平成24年身延団参記@

平成24年度卒園式

平成24年度卒園式

春季彼岸施餓鬼法要

春季彼岸施餓鬼法要

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog