2013年02月10日(日)

大荒行堂〜瑞門開く [住職日記]

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

大荒行堂

日蓮宗では毎年11月1日から翌年2月10日までの100日間、千葉県中山法華経寺にて「大荒行堂」が開設されています。

荒行堂では130名を超える修行僧が100日間一歩も外に出ることなく、連日2〜3時間の睡眠に朝夕2回のお粥の食事、そしてにひたすら読経と水行に励み、心身の修行に打ち込んでいます。

日蓮宗ではこの修行を終えた者にのみ「祈祷」の秘法が相伝されます。

そして、今朝、まだ夜明け前、多くの僧侶、檀信徒が見守る中、100日間結界の瑞門が開きました!

mns産経ニュースへ「700年続く伝統修行 市川・法華経寺 百日大荒行が成満 134人が達成」


私も修行僧として、この緊張の朝を2度経験しましたが、生涯忘れることの出来ない大きな感動で、まさに貴重な体験でした。

岡山からは3名、その他知り合いのお上人も数多く修行されていました。遙か岡山の地より、皆様の無事の成満を心よりお慶び申し上げます。

Posted by 住職 at 22時28分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

とんど焼き

とんど焼き

初祈祷会 お参り有り難うございました

初祈祷会 お参り有り難うございました

大掃除、法要準備、塔婆書き

大掃除、法要準備、塔婆書き

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog