2018年11月16日(金)

全国57本山巡りへいこう!  そのE鎌倉・妙本寺編 [57本山巡り]

当寺のお檀家・寺尾正志様が全国に点在する日蓮宗の本山57ヶ寺を巡る旅をこの春より始められました。

その参拝レポートを紹介していきます。お楽しみに!

平成30年6月24日(日)日蓮宗 霊跡本山 日蓮聖人
鎌倉市大町1-15-1 長興山 妙本寺(鈴木日敬貫首)

文応元年(1206年)から長栄山池上本門寺の住職が両寺院の貫首を務められ昭和16年(1941年)第75世島田聖人より専任となったそうです。立派な祖師堂と日蓮聖人の木像はご在世中に謹刻、御自ら開眼された「寿像の祖師」です。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

日蓮聖人辻説法前にて

聖人が辻説法をした場所は、本寺院から歩いて約5分程度の所にあります。

Posted by 住職 at 13時13分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2018年11月12日(月)

全国57本山巡りへいこう!  そのD鎌倉・本覚寺編 [57本山巡り]

当寺のお檀家・寺尾正志様が全国に点在する日蓮宗の本山57ヶ寺を巡る旅をこの春より始められました。

その参拝レポートを紹介していきます。お楽しみに!

平成30年6月24日(日)日蓮宗 由緒寺院 日出上人
鎌倉市小町1-12-12 妙嚴山 本覺寺(永倉嘉文貫首)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

本覚寺参拝前に日蓮聖人辻説法跡へ

JR鎌倉駅より歩いて5分で本覺寺駐車場(P)に着きます。
この日は日蓮聖人辻説法跡より5分で本覺寺に着きました。
永享八年(1436年)日出上人により開山されたお寺です。
室町将軍足利義則の弾圧がきついが、鎌倉公方足利持氏は民衆のために弾圧をやめ寺を創建した。日出上人を継いだ日朝上人は寛正二年(1461)身延山十一世となり祖山を復興。「日朝さま」と慕われる。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

本堂前にて

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 住職 at 21時04分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2018年10月22日(月)

全国57本山巡りへいこう!  そのC鎌倉・龍口寺編 [57本山巡り]

当寺のお檀家・寺尾正志様が全国に点在する日蓮宗の本山57ヶ寺を巡る旅をこの春より始められました。

その参拝レポートを紹介していきます。お楽しみに!

平成30年4月6日(金)日蓮宗 霊跡 本山 
神奈川県藤沢市片瀬3-13-37
寂光山龍口寺(本間皓司貫首)

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

輪番奉仕(4月5日)の翌日、朝勤めを済ませ全員元気に鎌倉に向けて出発しました。藤沢市片瀬 (通称) 江の島の寂光山龍口寺を目指しました。「龍ノ口法難」のあった場所です。鎌倉幕府のお膝元鎌倉は聖人が辻説法をたびたび行った場所でした。幕府への中傷と受け止め聖人を捕らえて斬首するために、刑場であったこの地、龍ノ口に連行されました。そして土牢から出され、敷皮石に座らされあえわや斬首となるとき、江の島方面から光がピカッとして首切り役人もがくらみ恐れて斬首の刑は中止になったそうです。
処刑場の跡地に建てられたお寺、「寂光山龍口寺」です。

画像(240x320)・拡大画像(480x640)

神奈川県唯一の五重塔

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

御霊窟

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

日蓮聖人像と釣り鐘堂

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

堂々たる客殿庫裏

Posted by 住職 at 21時46分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2018年09月12日(水)

全国57本山巡りへいこう!  そのB身延山久遠寺編 [57本山巡り]

当寺のお檀家・寺尾正志様が全国に点在する日蓮宗の本山57ヶ寺を巡る旅をこの春より始められました。

その参拝レポートを紹介していきます。お楽しみに!

平成30年4月5日(木)日蓮宗 祖山・由緒寺院 総本山
山梨県南巨摩郡身延町身延3567
 身延山久遠寺(内野日総法主)  正福寺より輪番奉仕参拝

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

JR身延駅からタクシーで10分三門に着きしだれ桜の前で記念写真。
そして、荷物は宿坊「樋澤坊」に運んでいただき。団参参加者は早速、輪番奉仕の準備です。わたくしは3回目の奉仕ですが毎回初心者で毎回身延の季節を肌で感じて奉仕をさせて戴きます。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

まず、旧書院において委嘱式があります。今日一日、法主猊下になりかわり日蓮聖人へ御給仕をお願いされる式です。御真骨堂拝殿において稲垣教信住職は我々奉仕団と日蓮聖人に給仕奉仕の誠を捧げ護持会長が「誓の言葉」を読み上げさせていただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)

ご回向ご祈願の後、ロープウエイで奥の院「思親閣」に行き小湊誕生寺方面に手を合わせ、下山して宿坊を通り越して日蓮聖人の御廟所でお経をあげさせて戴きました。今年の桜は、ソメイヨシノは葉桜になりましたが、三門の前と宿坊の前しだれ桜は満開の時期でした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

宿坊である「樋澤坊」ではゆっくりさせて戴きました。
{明日は藤沢市片瀬龍口寺にお参り予定します。}

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

Posted by 住職 at 12時54分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2018年05月30日(水)

全国57本山巡りへいこう!  そのA広島市國前寺編 [57本山巡り]

当寺のお檀家・寺尾正志様が全国に点在する日蓮宗の本山57ヶ寺を巡る旅をこの春より始められました。

その参拝レポートを紹介していきます。お楽しみに!

平成30年3月18日(日)日蓮宗 由緒寺院 日像上人
広島市東区山根町32-1 自昌山國前寺(疋田英親貫首)

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

JR広島駅を北側におりて歩くこと約10分で國前寺につきます。
龍華樹院日像上人により暦応三年(1340年)当地に弘教し、開山した寺院。上人にとって海の守護神である「七浦様」(安芸の宮島の別称)に参詣して曼荼羅を拝し、当地に法華経の教えを弘めることが念願とした。もともと真言宗でしたが上人の教化により帰伏改宗して日蓮宗となった。その後、明暦2年(1656)2代目藩主浅野光晟(みつあきら)の正室満姫の菩提寺となり藩主が庫裏・客殿・山門等の諸堂を一新し、寺名を現在の自昌院國前寺とした。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

本堂建築は寄棟造で錣葺(しころぶき)で耐火のために外壁を塗籠(ぬりごめ)で漆喰仕上げでした。貴重な建築様式を拝見させていただきました。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

平成27年2月には、ご子息である疋田英華上人の日蓮宗大荒行成満帰山報告式当寺で執り行われ古い歴史を持つ寺院ですが、これからのお寺の役割の可能性を拡げることでしょう。訪寺当日は彼岸の入りで、住職様不在でした。これからは、春彼岸盆秋彼岸等の日は避けて予定を組むようにします。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(320x240)・拡大画像(640x480)
画像(240x320)・拡大画像(480x640)

Posted by 住職 at 14時40分   パーマリンク   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

平成26年身延団参記C

平成26年身延団参記C

少年院彼岸法要

少年院彼岸法要

宗蓮寺の帰山式に参列しました

宗蓮寺の帰山式に参列しました

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog