2011年08月23日(火)

表記に誤り〜川施餓鬼法要案内 [お知らせ]

画像(180x134)・拡大画像(314x235)

川施餓鬼法要の申し込みは4地区(辰巳・平田・久米・今保)は各総代、役員のほうで9月20日を締め切りに取りまとめていただくことになっています。

4地区以外のお檀家は同じく9月20日を締め切りでお寺の方へ直接お申し込み下さい。

さて、数日前よりお寺の方へ何名かお申し込みをいただいています。そこで、案内文の日時に誤りがあるとご指摘をいただきました。

何度も確認したつもりでしたが…誤りがありました。

日時のところが「平成22年」と表記してありました。「平成23年」の誤りです。お詫び申し上げます。

10月14日(金)に予定されている「川施餓鬼法要旅行」では徳島の最南、海洋町海部と法華寺へ参ります。

毎年、彼岸法要等でお建てした卒塔婆を持参し、お焚き上げ供養を海岸で行っています。(各消防、地域承諾済み)

ご先祖供養に併せて東日本大震災でお亡くなりになった精霊の回向も行いたいと思います。

法要後は、一木三体のお祖師様で有名な法華寺へ参ります。

この度は例年になく遠方になりますが、時候もよく日帰りですので気軽にご参加下さい。

Posted by 住職 at 22時57分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2011年08月22日(月)

偶然にも… [住職日記]

近々、地鎮祭の予定が入りました。
最近は施主の方に変わって建築会社など施工に当たる担当者が事前に打ち合わせに来られることが多くなりました。

やはり仏式というのが珍しいようで、事細かく打ち合わせさせていただきました。そういえばこういう打ち合わせで、今までお寺さんで地鎮祭をされたという話を聞いたことがありません!?たいがい施主の方が地元の神主さんを頼むか、施工業者からの紹介で神主さんが来られことが多いようです。

そこで少々不安になり、というか他のお寺さんはどうしているのか?!気になってインターネットでいろいろ検索していると…偶然にも!倉敷の本住寺さまのホームページを見つけました!

立正青年会のOB先輩上人が住職をされているお寺で、今年になって出来たHPのようでした。たしか教化センターにもリンクされていないので、知っている方も少ないのでは?

見てみると〜いろいろと新しい取り組みをされているようで、とても興味深く見させていただきました。

そして、それより何より“こぢょっこら(こぢんまり)”寺という通称のもと住職のキャラクターと世界観が前面に出たホームページで、私が今まで想像していたお上人のイメージとはだいぶかけ離れていたので驚きました。

Posted by 住職 at 22時02分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2011年08月21日(日)

永遠の生〜古代エジプト神秘のミイラ展へ [住職日記]

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

家族で天神町、オリエント美術館で催されている「古代エジプト神秘のミイラ展」に行ってきました。

降りしきる雨の中、2才の子供を連れて静かな美術館に行くのは少々戸惑いましたが、思い切って行ってきました。

画像(134x180)・拡大画像(235x314)

ほとんどエジプト文明にはあまり詳しくない上、やはり小さい子供がぐずらないかが気になってかけ足で見て回りました。(幸い子供たちも静かに見てくれました)

数ある出店品の中で特に印象的だったのはミイラ…でしょう。今から2700年も昔のものです。僧職にある身ですので、人の遺体を見せ物にするのはどうか、とも思わなくもないですが、エジプトの文明と死生観を知る上で象徴的な存在です。

古代エジプト、平均寿命が30才の時代、階級や貧富の差に関わらず誰しも目の前にのしかかる「死の恐怖(壁)」をいかに克服するか…。

長寿社会の日本であっても「死から見た生」という価値観を色濃く持つ遙か遠い文明に、ロマンを感じずにはいられませんでした。

沈黙を守るミイラたちは、時空を越え「永遠の生」を手に入れたのかのように、自信に満ちた大きな存在感で私たちに何かを語りかけているようでした。

Posted by 住職 at 16時44分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2011年08月20日(土)

夏の終わりに〜アゲハチョウ飛来 [住職日記]

画像(180x119)・拡大画像(448x297)

少しねばって撮影。

今日は涼しかったですね〜お盆も終わり、すっかり秋の気配です。

しかも土日にしては珍しく法事がなく、子供らと久々にのんびりと過ごしました。あれだけ忙しいかったお盆を思うと…余計に夏の終わりを実感しますね。

一日中雨で子供らと外で遊ぶことは出来ませんでしたが、少しやんだ時間を見計らって庭へ。するとここ数日、しきりに飛来するアゲハチョウに遭遇。どうやらハッサクの木に卵を産んでいるようでした。

そういえばアゲハチョウといえばお寺の寺紋。ハッサクもミカン系で橘に近いとすると日蓮宗には縁がありますね〜ひとりで感心してしまいました。


Posted by 住職 at 22時52分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2011年08月19日(金)

人生は敗者復活戦ぞ! [住職日記]

夏の甲子園、関西高校本当に残念でしたね。

結果は日大三に14−4で敗れ、大差ですが7回までは接戦だったので今一歩だったという気がします。選手らもよく頑張っていました。

今から約30年近くも前になりますか、82年夏、83年春の甲子園連覇を遂げた徳島の池田高校野球部・蔦(つた)監督は「人生は敗者復活戦ぞ!」が口癖だったそうです。多くの選手らもその言葉で励まされたことでしょう。

輝かしい記憶ばかりありますが、蔦監督自身プロ野球を1年で挫折、野球部の監督として甲子園出場まで20年かかったそうです。「人生は敗者復活戦ぞ!」という言葉は、長年の苦労の人生を経験したからこその至言なのでしょう。

関兄弟をはじめ選手らの今後の活躍が楽しみです。

Posted by 住職 at 18時34分   パーマリンク   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2011


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

729遠忌 お会式

729遠忌 お会式

春季彼岸施餓鬼法要〜ご先祖さまへ真心を込めて・・・

春季彼岸施餓鬼法要〜ご先祖さまへ真心を込めて・・・

初祈祷会 お参りご苦労様でした

初祈祷会 お参りご苦労様でした

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog