2012年01月22日(日)

立正青年会・池上参拝記〜大坊編 [お寺関係各団体活動]

先日、岡山立正青年会結成50周年を記念して東京・池上本門寺にて「蘇生結集(そせいけつじゅう)法要」が行われました。立正青年会の一員として参加してきました。

池上本門寺は日蓮大聖人が御入滅された霊跡として有名で日蓮宗の大本山でもあります。また麓には大坊本行寺を始めとする多くの山内寺院が点在し、日蓮宗の本部・宗務院も門前にあります。

私自身、大学時代に池上本門寺に住み込みで修行させていただき、卒業後も大坊本行寺でお勤めさせていただきました。今思えば不思議なご縁で、貴重な経験でした。

今回は1月の多忙な時期でしたが、懐かしさと、またとない貴重な機会でもあるので参加させていただきました

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

大坊本行寺の壮麗な本堂

現会員21名とOB上人2名が参加。始発の新幹線に乗り一路東京池上へ。

池上には10時過ぎに到着。先に大坊本行寺にお参りしました。

冬の寒さも和らぎ、穏やかな日和に恵まれました。

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

木村上人による縁起説明

画像(180x134)・拡大画像(448x335)

貫首猊下によるお開帳法要


本堂の隣にある「御臨終の間」にて、先輩の木村上人より縁起説明、そして中野日演貫首猊下直々にお開帳法要をお勤めいただきました。

この「御臨終の間」はその名の通り、日蓮聖人がご入滅されたお部屋で、元は池上宗仲公のお屋敷の仏間であったとされています。ご宝前には日蓮聖人が刻んだとされる「自鏡満願日蓮大聖人像」が奉安されています。

画像(115x180)・拡大画像(288x448)

お寄りかかりの柱

この金襴で包んだお柱は「お寄りかかりの柱」といわれ、日蓮聖人が病で弱ったお体をこのお柱にもたれかかって、御入滅される直前までお弟子、信者に対して「立正安国論」を始めとする教えを説かれました。

貫首猊下を始め山務員の皆様には大変お世話になりました。10年前とほとんど変わらない佇まいで、岡山に来てからも何度かお参りしましたが懐かしい限りです。またゆっくりお邪魔したいですね。

ブログが長くなりましたので続きは次回へ。

Posted by 住職 at 22時40分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2012年01月21日(土)

冬の風景〜境内 [住職日記]

昨日、東京から帰って休む間もなく境内を行ったり来たりしています。

画像(320x212)・拡大画像(448x297)
画像(320x212)・拡大画像(448x297)
画像(320x212)・拡大画像(448x297)

Posted by 住職 at 22時01分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2012年01月20日(金)

お寺のイルミネーション [住職日記]

画像(180x135)・拡大画像(448x336)

ライトアップされる妙林寺様の境内

先日、立正青年会の集まりで三門の妙林寺様に行く機会がありました。用を終え夕方帰ろうと境内に出てみると…なんと、境内の木々がイルミネーションで鮮やかに飾られていました!

数年前から始められたようでその発想には驚かされますね。誰からも親しまれるお寺作りの一環でしょうか。日頃のアイデア工夫が感じられます。

帰って寺族に話し、「当寺でも…」と話しましたが、もちろん却下されました。

Posted by 住職 at 17時17分   パーマリンク   コメント ( 2 )

2012年01月19日(木)

ご本尊を表装 [住職日記]

画像(180x171)・拡大画像(246x235)

昨年、秋にご本尊を書写させていただいたものが、昨日表装され表具師さんによりお寺へ届けられました。

これだけ大きなご本尊は時間的に余裕がないと集中して書くことが出来ませんので、そう度々書くというわけにはいきません。

日蓮聖人はご本尊について『日蓮が魂を墨にそめ流して書きて候ぞ、信じさせ給へ』とご遺文で述べられています。自分もいつか「日蓮が魂…」の気迫で書写出来るように、さらに精進していきたいと思います。

今回の表装は青年会の50周年記念の「大曼荼羅」でお世話になった錦司堂様にお願いしました。お忙しい中いろいろご無理を聞いていただきました。心より感謝申し上げます。
錦司堂様のホームページへ

Posted by 住職 at 00時00分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2012年01月18日(水)

真冬の風景〜寒行 [住職日記]

画像(177x180)・拡大画像(336x341)

44年前の平井・妙広寺様の寒行の様子(山陽新聞H24.1.17朝刊より)

17日山陽新聞の朝刊で昭和43年の平井・妙広寺様の寒行の様子が紹介された記事が掲載されていました。

寒行とはその名の通り冬の大寒の頃に行われる修行のことで、日蓮宗では夜にお題目を唱え、太鼓を打ち鳴らしながら街中を巡ります。途中、お檀家の家の前では読経祈念が行われます。お寺によっては毎晩、お寺の本堂でお経を読まれるところもあるようです。

正福寺でもその昔行っていたと聞いたことがあります。

徳島の実家、善学寺では今でも近隣の日蓮宗寺院と共に寒行を行っています。
長崎上人も頑張られているでしょうね。

少し古いものですが寒行の動画をYouTubeで見つけました。雰囲気がよく伝わります。
多分、新潟のお寺さんだと思います。雪深いところですね。見ているだけで寒そうです!

☆平成24年厄除け・九星方位除け表はこちらから。

Posted by 住職 at 05時22分   パーマリンク   コメント ( 2 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

参観日と講演会

参観日と講演会

七面山登詣説明会

七面山登詣説明会

除夜の鐘・歳末年始報恩読経

除夜の鐘・歳末年始報恩読経

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog