2013年11月08日(金)

婦人部大掃除 [寺行事・法務]

画像(180x119)・拡大画像(314x208)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)

この日曜日(10日)の「お会式」を前に婦人部による大掃除並びに法要準備が行なわれました。

今回の婦人部大掃除は久米・今保地区の方が中心となってお手伝いいただきました。

本堂、鬼子母神堂、客殿、境内と広範囲に及ぶ掃除を手際よく、綺麗にお掃除、準備をしていただきました。お手伝いいただいた皆様、本当にお疲れ様でした。明後日もよろしくお願いします。

これで無事、当日を気持ちよく迎える準備が一つ整いました。あとは天気さえ良ければ申し分ないのですが・・・今のところ曇り時々雨、70パーセントで雨の予報です。

Posted by 住職 at 22時23分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2013年11月07日(木)

今月の聖語 [その他]

画像(320x276)・拡大画像(512x442)

今月の聖語です。

門前には毎月はじめに新しいものを掲示しています。

今月のお言葉は日蓮聖人『法蓮鈔(ほうれんしょう)』の一節です。

この聖語(日蓮聖人のお言葉)は全国布教師連合会で選ばれ、解説が書かれているのだそうです。また、毎回素晴らしい筆文字は宗蓮寺の垣本上人によるものです。

聖語は解説とともに読まれると、日蓮聖人の真心が伝わり一層味わい深いものになっています。ぜひ下記からご覧下さい。

日蓮宗ホームページ・聖語解説のページへ

Posted by 住職 at 22時39分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2013年11月06日(水)

お会式桜飾り付け [住職日記]

画像(124x180)・拡大画像(311x448)

何とか完成

画像(120x180)・拡大画像(299x448)

別の桜


10日のお会式がいよいよ迫ってきました。

天気はどうもあやしいようで・・・近頃、行事の度に雨に降られます。なぜ?って考えても仕方ありませんので粛々と準備を進めています。

お会式桜を飾り付けました。

飾りの花は婦人部の皆様に作っていただいたものですが、組み立てて飾り付けるのは結構細かな調整と力が必要で、さらに作業に時間もかかるのでいつも先に私が設置しています。

結局、午前中から昼をはさんで2時頃まで、約4時間近くかかりました…。

繰り返し脚立の上り下りをしたり、無理な体勢での作業が続きますので、結構たいへんですが、何とか無事に完成して一安心です。

明後日、8日は久米・今保地区を中心とした婦人部による大掃除並びに準備があります。お忙しいとは思いますがよろしくお願いします。

Posted by 住職 at 20時47分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2013年11月05日(火)

色づき始め〜深山公園 [住職日記]

画像(320x240)・拡大画像(448x336)

3連休の最終日午後、時間が空いたので子供らを連れて玉野の深山公園に行ってきました。

昼頃、急に曇って激しい雨が降ったりしたのでどうなるものかと思いましたが、深山公園に着いたところには風が強かったものの天気も回復していてホッとしました。

木々も色づき始め楽しみな季節。

早く遊びたい子どもをなだめつつ・・・まずはイギリス庭園へ。しばし庭園の花々を楽しみました。

これから紅葉が楽しみな季節。あと一度は本格的な紅葉を見に行きたいと思いますが・・・。

画像(320x240)・拡大画像(448x336)
画像(238x320)・拡大画像(334x448)
画像(240x320)・拡大画像(336x448)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x134)・拡大画像(314x235)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x134)・拡大画像(448x334)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(180x135)・拡大画像(448x336)
画像(135x180)・拡大画像(336x448)

Posted by 住職 at 23時07分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2013年11月04日(月)

小松原法難750年『日蓮聖人の「その時」に学ぶ』 [住職日記]

11月11日は宗門聖日「小松原法難会」です。
日蓮大聖人のご遺徳を偲び報恩のお題目をお唱えしましょう。

画像(180x123)・拡大画像(448x308)

11月11日 小松原法難会(こまつばらほうなんえ)
文永元年、日蓮聖人は危篤であったお母様・梅菊のお見舞のために、故郷の安房(千葉県鴨川市)へ戻られれました。
日蓮聖人がひたすら快癒を祈ったところ奇跡的に回復し、母梅菊の病状も落ち着きました。その後、信者の工藤吉隆の屋敷にお説教に向かわれる途中、念仏信仰者であった地頭の東条景信に襲撃されました。結果、弟子2人が亡くなり、2人が重傷、自らも左腕を折られ、眉間に三寸のきず疵を負われました。

皆さん、寒い季節になると菩提寺や各家庭のお仏壇で日蓮聖人の坐像に頭から綿帽子を被せてあるのを見て、おやっ?と思った方も多いのではないでしょうか。

これは小松原法難で日蓮聖人が眉間に受けた傷が寒い冬に痛まないようにと、綿帽子を頭にお被せしているのです。この様に我々、日蓮宗徒は時代を経ても、今まさに生きた日蓮聖人に接する思いで日々ご給仕しているのですね。

本年は小松原法難750年にあたり、宗門、関係本山では関連の行事が行われています。日蓮宗HPでも小松原法難について詳しい特設ページがありますので是非ご覧下さい。小松原法難750年『日蓮聖人の「その時」に学ぶ』

Posted by 住職 at 21時41分   パーマリンク   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

11

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

春季彼岸法要

春季彼岸法要

川施餓鬼〜高知

川施餓鬼〜高知

お盆経のご案内

お盆経のご案内

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog