2014年01月21日(火)

和融講へ [お寺関係各団体活動]

画像(320x180)・拡大画像(448x252)

浜野・妙法寺本堂

旭川近く、浜野の妙法寺様にて今年になって初めての「和融講」の月例会があり出席させていただきました。

和融講とは…岡山市内中心部にある日蓮宗寺院19ヶ寺の集まり(組寺)です。毎月1回、会場は各寺持ち回りで例会を行なっています。

まず、本堂で各寺各寺院の歴代のお上人、寺族へのご回向が捧げられ、さらに各寺の隆昌発展の祈願が行われました。

引き続き客殿に席を移し、岡山市仏教会や来月16日に蓮昌寺様を会場に行われる御降誕会の打合せなど、様々な話し合い、情報交換が行われました。

さすがに当番ともなるとお迎えする準備等で大変な面も多いのですが、毎月1回それぞれが顔を合わせ、直接言葉を交わすというのは、こうした機会がなければなかなか出来ないことです。また、先輩各上人からのご教示をいただいたり、会場寺院を見させていただくことでいろいろと勉強をさせていただいています。

Posted by 住職 at 22時21分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年01月20日(月)

今日は大寒 [住職日記]

画像(320x216)・拡大画像(448x303)

昨日の朝、薄らと雪が・・・

画像(320x220)・拡大画像(448x308)

今朝、車の温度計、外気温−1℃

今日は「大寒」ということで、本当に暦どおりの冷え込みとなりましたね。

全国的な冷え込みからすると、まだまだ岡山南部は恵まれていますが、それでも慣れない自分には身にこたえます。

夜が明ける前の朝の本堂、鬼子母神堂でのお勤めではさすがにストーブを点けるのはもったいないので十分着込んで寒さ対策をしています。

それでもよく考えてみれば10代〜20代はじめの池上の時代はどんなに寒くても薄着でした。寒さに負けない強い心を取り戻したいと思いますが・・・。なかなか難しそうです。

Posted by 住職 at 18時00分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年01月19日(日)

ブッダ2 [住職日記]

画像(226x320)・拡大画像(317x448)

東映映画「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ−終わりなき旅−」が2月8日より全国ロードショーされます。

前作に続き全日本仏教会も推薦しています。日蓮宗宗務院からもポスターと前売りチケットの案内をいただきました。

原作はもちろん声優には吉永小百合、松山ケンイチ、吉岡秀隆、真木よう子が、さらに主題歌には浜崎あゆみということで豪華な顔ぶれですね。

実は前作も気にはなってはいましたが見れていないので、本作は時間があれば映画館に足を運べたらと思っています。皆様もいかがでしょうか。

詳しくは「ブッダ2」公式サイトへ

Posted by 住職 at 18時43分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年01月18日(土)

お日待ち [寺行事・法務]

画像(180x153)・拡大画像(276x235)

お日待ちの御札

寒い毎日が続きますが、皆様お風邪などひかれてませんか?正月早々、お寺では子供たちが体調を崩しましたが大したことなく済みました。天候も全国的に雪が多いなか、岡山南部は雪もなく本当に恵まれていますね。有り難いことです。

さて、1月になり各講中で「お日待ち」が行われています。

「お日待ち」って・・・!?そんな方はこちらをチェックして下さい。分かりやすく説明があります。→岡山教化センターHP 

日々の営みが、神仏やご先祖のお陰で無事に生活させていただいていることへの感謝の心を忘れず、共々でお題目の信仰を深めたいものですね。

Posted by 住職 at 22時44分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年01月17日(金)

祝年祈念 [寺行事・法務]

画像(180x139)・拡大画像(435x336)

お札を授与します。

1月は新春祈念、正月経、お日待ち、総代役員会に向けた準備など、正月気分を味わう暇もなく月日が目まぐるしく過ぎていきます。

また、祝い年の祈念(祝年祈念)も行われます。祝い年とは還暦(61歳)・古稀(70歳)・喜寿(77歳)・傘寿(80歳)・米寿(88歳)・卒寿(90歳)・ 白寿(99歳)のことです。

当寺ではお寺に参って祈念される方もいますが、自宅のお床で祈念する場合もあります。また33才、42才などの厄年の祈念もあれば行っています。

最近は祝年を満年齢で考えている人も多いようですが、数え歳が本当です。

日本では昔から毎年、正月の元旦には五穀豊穣と家内の安全をもたらしてくれるという歳神(としがみ、歳徳神)を家にお迎えしてきました。

そして、その歳神が私たちに一年分の新しい魂を与えてくれるとして、これを「数え年」として大事にしてきました。つまり生まれた時を1才として、それ以降は誕生日ではなく正月を迎えるごとに1つ年をとるというわけです。(女性はいやがりますが…)

年を重ね、生かされていることへの感謝の気持ちを大事にしたいですね。

Posted by 住職 at 22時28分   パーマリンク   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2014


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

夏祭り実行委員会

夏祭り実行委員会

初祈祷会 お参りご苦労様でした。

初祈祷会 お参りご苦労様でした。

婦人部大掃除と法要準備

婦人部大掃除と法要準備

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog