2014年02月18日(火)

荒行を終え妙乗寺 帰山式 〜ゆめネットで放送 [住職日記]

2月10日、日蓮宗の大荒行を無事成満された笠岡市妙乗寺の村上朗寛副住職の帰山奉告式が15日に行われました。

偶然、笠岡のケーブルテレビ「ゆめネット」HP内で動画と記事を見つけました。ご覧ください。

荒行を終え妙乗寺 帰山式 〜ユメネットで放送で動画と記事へ移動(クリックしてください)

Posted by 住職 at 22時05分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年02月17日(月)

宗祖御降誕会を奉修〜田町・蓮昌寺様にて [お寺関係各団体活動]

画像(211x320)・拡大画像(296x448)

16日午後より和融講・岡山市内組寺主催による793回目の「宗祖御降誕会」が厳粛且つ盛大に執り行われました。

この法要は毎年2月16日、各寺院住職総出仕のもと和融講寺院にて持ち回りで行われています。

今年の会場並びに当番は田町・蓮昌寺様でした。

2時からの法要に先だち、1時から清輝橋妙福寺ご住職の法話がありました。

日蓮聖人の教えをやさしい語り口調でご自身の経験を織り交ぜながらお話されました。会場の参拝者一同、熱心に拝聴しました。

画像(320x213)・拡大画像(448x299)

法要に先だち妙福寺ご住職によるご法話。一同熱心に拝聴

法要では去年に続いて、木座と修法を担当しました。最近では大勢で営む法要に出る機会も少なく、緊張です!

参列した大勢の檀信徒と共に宗祖へのご報恩のご読経とお題目の祈りを捧げました。(法要出座のため残念ながら法要の写真はありません・・・。)

和融講各寺院の皆様を始め、とくに蓮昌寺御住職上人並びに副住職上人には本当にお疲れ様でした。

Posted by 住職 at 18時00分   パーマリンク   コメント ( 2 )

2014年02月16日(日)

宗祖御降誕会 [お寺関係各団体活動]

2月16日は宗門聖日「宗祖御降誕会」です。
日蓮大聖人のご降誕をお祝いしご報恩のお題目をお唱えしましょう。

画像(180x159)・拡大画像(379x336)

2月16日 宗祖御降誕会(しゅうごこうたんえ)

承久4年(1222年)2月16日、千葉県の房総半島の南、小湊で日蓮聖人がお生まれになった聖日です。

日蓮聖人がお生まれになった日には、にわかに庭先で泉が湧き出し、浜辺には白い蓮の花が咲き乱れ、鯛が岸辺に群れ寄ってくるという不思議な奇瑞が起こったと伝えられています。

現在、日蓮宗では平成33年(2021年)の御降誕800年に向けて様々な取り組みが行われています。

本日16日(日)13時、岡山市内寺院組寺・和融講では毎年恒例の御降誕会が執り行われます。法要には各寺の住職総出仕のもと盛大に厳修されます。今年は田町・蓮昌寺様が当番会場です。私も出仕させていただきます。

Posted by 住職 at 04時55分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年02月15日(土)

檀信徒青年会役員会 [檀信徒青年会]

来週22日(土)に行われる檀信徒青年会総会を前に、午後から役員会を行いました。

会長はじめ幹事役員に出席いただき総会に提示する事業報告、収支報告、事業計画案、予算案等について話し合われました。

話し合いの結果、総会で承認されれば、昨年の行事に加え4月に一つ行事が増えそうです。内容はまた後日としますが、前向きの意見、提案が次々と上がり本当に有難いことだと思いました。

会員の皆様にはお忙しい中、今年もいろいろとお世話になることと思いますがどうぞよろしくお願いいたします。

22日の総会には会員各位のご参加をお待ちしています。

画像(320x240)・拡大画像(448x336)

Posted by 住職 at 22時41分   パーマリンク   コメント ( 0 )

2014年02月14日(金)

釈尊涅槃会 [その他]

2月15日は宗門聖日「釈尊涅槃会(しゃくそんねはんえ)」です。

画像(320x313)・拡大画像(500x490)

寺宝の「釈尊涅槃図」現在、県立博物館で所蔵、管理をお願いしています。

釈尊涅槃会とは釈尊(お釈迦様・ブッダ)がインドのクシナガラにおいて、80歳で涅槃(ニルバーナ)に入られた聖日。釈尊の涅槃すなわちご入滅を偲ぶ法会です。

日蓮大聖人は「祈祷鈔」の中で釈尊涅槃の様子を詳細に述べられています。

仏の御年(おんとし)満八十と申せし二月十五日の寅卯(とらう)の時、東天竺舎衛(とうてんじくしやえい)国倶尸那(くしな)城跋提(ばつだい)河の辺(ほとり)にして、仏御入滅(ごにゆうめつ)なるべき由の御音(おんこえ)、上(かみ)は有頂(うちよう)、横には三千大千界までひびきたりしこそ、目もくれ心もきえはてぬれ。五天竺・十六の大国・五百の中国・十千の小国・無量の粟散国(ぞくさんこく)等の衆生、一人も衣食(えじき)を調(ととの)へず、上下をきらはず、牛馬狼狗嘉鷲廓額(ごめろうくしゆじゆみんもう)等の五十二類の、一類の数、大地微塵をもつくしぬべし。いはんや五十二類をや。この類皆華香(みなけこう)衣食をそなへて、最後の供養とあてがひき。一切衆生の宝の橋をれなんとす。一切衆生の眼(まなこ)ぬけなんとす。一切衆生の父母主君師匠死(し)なんとす。なんど申すこえひびきしかば、身の毛のいよ立(たつ)のみならず涙を流す。なんだをながすのみならず、頭をたゝき胸ををさへ音(こえ)も惜まず叫びしかば、血の涙血のあせ倶尸那城に大雨よりもしげくふり、大河よりも多く流れたりき。これひとへに法華経にして仏になりにしかば仏の恩の報じがたき故なり。

このご遺文は、多くの弟子、信者、そして動物にいたるまでが釈尊が涅槃に入ったことを悲しみ途方にくれる様子を伝えています。

涅槃のまさに“その時”が目に浮かぶようで、釈尊という存在がいかに偉大で大きなものであったことがよく分かりますね。

Posted by 住職 at 17時33分   パーマリンク   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2

2014


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

プロフィール

日蓮宗 宗善山 正福寺

住職

にっしん 昭50年生
岡山市北区上中野2-1-11

PHOTO

お講巡り〜ご参拝ご苦労さまでした

お講巡り〜ご参拝ご苦労さまでした

プール開き

プール開き

感激!七面山登詣〜2日目

感激!七面山登詣〜2日目

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog